2010年02月06日

保険の見直し

今日はとっても寒かったですね!
名古屋は朝、また雪が降りました。雪

昨日、静岡オフィスへ行きましたが、静岡は風が強くて吹き飛ばされそうでしたふらふら
静岡から名古屋へ来たときは、本当に名古屋は寒いと思いましたが、久々に静岡へ戻ってきたらこの風で・・・
雪こそめったに降りませんが、この風は名古屋より寒いかもしれません・・・たらーっ(汗)

さて、現在ご加入いただいています保険の内容で、何か不明なところや、不安なことはありませんでしょうか?
今入ってる保険の内容が分からないので説明して欲しい。などでも構いません。お気軽に、ご連絡をください。
また、身近にいる方で同じように悩んでいる方や、今の保険で大丈夫かと思っている方などいらっしゃいましたら一度お声をかけてください。
保険は、ただ「死亡したときのお金を残す」「入院したときのお金を備える」という単純な考えではなく、
まずお客様にとって何が一番大切か?ご家族・お子様が何人いて、お子様のためにどこまでしてあげたいのか?現在生活費がいくらで、住宅ローンがあるかないか。万が一の時に、遺族年金がどの位出て、会社から、社会保険からいくら出るのか?
そこから残されたご家族の生活費がいくら、いつまで必要なのか?などなど、いろいろな面から、広い範囲から見ていく必要があります。
目に見えない、形のない商品なので、丁寧に分かりやすくご説明し、納得していただくことを大事にしています。

ご自身の不安や疑問ももちろん、周りにいらっしゃいましたら是非、ご紹介ください。
posted by L.A.C at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険

2009年07月30日

保障額って

 今日は既存のお客様の保全活動に行って来ました。三人目のお子様を出産されたので見直しです。
 こどもが生まれると皆さん考えること 「学資保険」「保障は足りるのか」

 こどもが生まれたからといってご主人の『給料が増えるわけでもないですよね。 大変ですね。

 保障は 万が一の時の責任を親がどこまで考えるかを明確にしたほうがいいですね。 高校までとかですね。
 親が元気な時は 一生懸命援助しますから 万が一の時は 奥様の先の生活を考えて見ることが大切です。

 貯めることは 保険だけにとらわれず 期間ごとにお金の色分けして貯めることをお奨めいたします。

 こんな感じで話してきました。
posted by L.A.C at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険